進む高齢化社会と日本の医療に関して

医療

進む高齢化社会と日本の医療に関してについて

画像
日本の平均寿命は世界一ですが、受け皿が完璧かと言えば決してそうではありません。老人ホームの数は全く足りていませんし、介護の担い手不足も深刻な状況です。せっかく高いレベルにある日本の医療ですが、これでは機能を生かしているとは言えないのではないでしょうか。外国人労働者の受け入れも進んでいますが、言語や文化の壁が立ち塞がっているのは事実です。自国の医療や介護問題は、自国で解決するのが理想的です。そうなると課題は、やはり賃金ではないでしょうか。特に介護の分野においては、賃金の安さから離職率が高くなっています。一年~二年で離職をする若者が多く、定着率が課題になっています。賃金が上がれば労働意欲は増すはずですし、現場の負担も軽減されるのではないでしょうか。もう一つの観点が、退職者の再雇用だと言われています。60歳を迎えても元気な方は多いですし、彼らの力を活用することが必要不可欠です。幅広い年代の方が働ければ、介護の現場は活気付くのではないでしょうか。

について

画像